木の香の家

超高断熱住宅

健康家族の集う家

木幡工務店

携帯版はこちら

当ホームページは、携帯電話やスマートフォンでもご覧いただけます。下のQRコードを読み取って頂くか、https://kowatakoumuten.comへ直接アクセスして下さい。
(PC用とアドレスは同じですが携帯電話やスマートフォンでアクセスすると最適な表示に変更されます)。
木幡工務店ホームページ https://www.kowatakoumuten.com

お知らせ

大工として家づくりに関わって48年になります。高断熱住宅に興味を持つまでは夏は暑く、冬が寒いのが当たり前で、見た目第一の家を何の疑問もなく建てて引き渡してきました。建て主さんもそれが普通だと思ってか、暑い・寒いとクレームを言う人は一人もいませんでした。そんな中、冬の寒い中での引き渡し時の経験が、高断熱住宅に関心を持つきっかけになりました。それは「新築なのになんでこんなに寒いのだろう。」という疑問。それとともに、「何とかしなくちゃ」という思いもありました。当時の新築住宅は柱の太さや材料で評価されておりました、もちろんですが自分もその一員でした。その頃から断熱住宅のことが少しずつ聞かれるようになりましたが、お客さんは勿論のこと大工仲間や協力業者に話をしても、この辺では必要ないよと言われるのが当たり前でした。参考書や雑誌で将来は省エネ住宅が当たり前になるという記事を読んで、その方向に進もうと思いたちました。勿論同業者に対する差別化戦略もありましたが。。。

今から26年前の平成7年頃、初めて高断熱住宅に挑戦することになりました。

断熱は気密性がとれる(高い)ということで現場発泡を採用することにしました。壁50mm屋根50mmの予定でしたが、当時はまだ試行錯誤の段階で、30mmだったり80mmなどと施工にはばらつきが見られました。

しかし、気密測定でのC値は0.5とまずまずの結果だったことから「そんなものかな。」と思っていました。窓はアルミ枠のペアガラス、換気設備は第3種換気です。今振り返ると、なりふり構わずメーカーの薦めるがままに、高断熱住宅に飛び込んだという感じです。迷いながらも外張り断熱工法も手掛けるなど、試行錯誤の建築だったかと思います。

そんな中、平成10年頃新住協を知り会員となりました。

鎌田先生や事務局の会沢さんの講習を聞き、勉強会にも参加する機会にも恵まれました。そして『自分が求めていた理想の家づくりはこれだ!』と感じました。

平成21年全国現場見学会には、Q1.0住宅としては最低レベルのQ値1.9の住宅でしたが施工中の現場を公開させていただきました。

現在は壁の断熱材の厚み220mm(充填120mm付加100mm)を標準仕様としております。10年前には考えられない高レベルです。

季節や外気温に左右されない、理想的な住宅づくりになって来ていると実感しています。

長年大工として関わってきた者の一人として、気候変動の激しい昨今だからこそ、自信をもって提供できるのがQ1.0住宅であると確信しています。

お打ち合わせからお引渡しまでを振り返って

T様邸は研究学園駅に近く市役所や、大型ショッピングモールなども徒歩圏内でありながら、静かな住宅地という恵まれた環境に位置しています。
一階は事務所スペース、2階が住居になっています。打ち合わせ当初から断熱には拘られておりましたが、弊社を選んでいただいた理由は、Q1.0住宅で建てることで住居部分は勿論のこと、1日の大半を過ごす事務所部分の省エネや快適な作業環境を作りたいという思いからでした。独立したピアノ室に付いては、外部への音漏れもほとんど感じられませんでした。各部屋も内部仕切り壁の防音工事の効果で、許容範囲内とのことです。
駐車場を北側に広くとったことで、日当たりが良いとは言えない環境ですが、夏の涼しさや冬の暖かさは勿論ですが、湿度の変化も少なく住みやすいとの感想でした。

主な仕様
断熱材 高性能グラスウール16㎏ 壁:225mm 屋根断熱:380mm
窓仕様 南面:ペアガラス 東面、西面、北面:トリプルガラス
24時間換気:熱交換換気(パナソニック)2台

(木幡)

建築地 つくば市 竣工年月日 令和2年10月
2階リビング

2階リビング

キッチンからリビングを見る

キッチンからリビングを見る

リビングからロフトを見る

リビングからロフトを見る

階段踊り場に取り付けた熱循環窓(1階と2階の循環)

階段踊り場に取り付けた熱循環窓(1階と2階の循環)

   

2020年11月より、事務所を下記の住所に移転しました。(電話番号は変更有りません。)

以後、宜しくお願い致します。(ホームページの写真は、これまでの事務所のままですが、後日入れ替えますのでご容赦ください。)

 

新住所:〒315-0056 茨城県かすみがうら市上稲吉2009−25 地図へ

日頃、木幡工務店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)の8日間を年末年始休暇とさせていただきます。新年1月6日(月)より通常営業いたします。

年末年始休暇中については、「お問い合わせ」フォームまたはFAXのみの対応となりますが、緊急時については適宜対応いたしますので、まずはお電話ください。

日頃、木幡工務店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

2019年8月11日(日)~2019年8月16日(金)の6日間を夏期休業日とさせていただきます。

夏期休業日については、「お問い合わせ」フォームまたはFAXのみの対応となりますが、緊急時については適宜対応いたしますので、まずはお電話ください。

日頃、木幡工務店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

2018年12月30日(日)~2019年1月6日(日)の8日間を年末年始休暇とさせていただきます。新年1月7日(月)より通常営業いたします。

年末年始休暇中については、「お問い合わせ」フォームまたはFAXのみの対応となりますが、緊急時については適宜対応いたしますので、まずはお電話ください。

  この本は、新住協理事(事務局)の会澤健二氏が新住協会員が建てた家に住んでみた感想や建てるまでのいきさつなどをまとめた本です。

仙台市在住の筆者自身も、断熱リフォームをした後に東日本大震災に遭遇し電気もガスもストップした中で暖房器具なしで過すことができたというエピソードも体験談として載っています。弊社紹介はvol.2に載っています。

これから家を建てる方には必見の本です。この本をどちらか一冊をご希望の方に無料でプレゼントいたします。

※茨城県内への発送は送料無料にてお届けします。他県の方は送料のみご負担ください。

申し込みはこちらからどうぞ

なお、「送信」ボタンをクリックすると、ただちにメッセージが送信されますので、よく内容をご確認の上操作してください。

     

    冬暖かい住宅なら夏も暖かくなって困るんじゃないの?と思うかも知れません。実際は、高断熱だからすごく涼しく暮らすことができるのですが、暑くて暑くてという家ができていることも事実です。そういうことも解決する、立地条件等を考慮した設計を含めたプラン作りが大切になります。

    前回は今までの住まいの冬の暮らしのチェックをしていただきましたが、今回は夏の暮らしはどうだったかチェックして頂ければと思います。

    猛暑日が続いた今年の夏でしたが、あと2か月もするとそろそろ暖房が恋しくなる季節になります。寒い季節に入る前に、今までの冬の暮らしを振り返ってみてはいかがでしょうか。チェック表で今の住まいの診断をしてみましょう。

     

     

    新住協がユーザー向けに高断熱住宅をマンガタッチでわかりやすく解説した小冊子です。新築編とリフォーム編を2冊組で先着10名の方にプレゼントいたします。

    ※茨城県内への発送は送料無料にてお届けします。他県の方は送料のみご負担ください。

     

    申し込みはこちらからどうぞ

    なお、「送信」ボタンをクリックすると、ただちにメッセージが送信されますので、よく内容をご確認の上操作してください。