木の香の家

超高断熱住宅

健康家族の集う家

木幡工務店

ローン計算
ローン計算のシュミレーションが出来ます。(ただし、こちらのシュミレーションはFlashPlayer等のFlash再生ソフトが必要です。よって、スマートフォンやタブレットでは動作しないことがありますのでご了承下さい。)

携帯版はこちら

当ホームページは、携帯電話やスマートフォンでもご覧いただけます。下のQRコードを読み取って頂くか、http://kowatakoumuten.comへ 直接アクセスして下さい。
(PC用とアドレスは同じですが携帯電話やスマートフォンでアクセスすると最適な表示に変更されます)。

有限会社木幡工務店 〒315-0056 茨城県かすみがうら市上稲吉2014-6 TEL:0299-59-5572/FAX:0299-59-6637 ホームページ:http://kowatakoumuten.com

高断熱住宅

6月1日、当社が施工中の荒川沖のT様邸にて新住協会員様向けの現場見学会を行いました。

多くの方にご来場いただき、有難うございました。

当日の様子をこちらで掲載したいのは山々ですが、当日は一人で説明・応対をしていたため、写真を撮ることももできませんでした。

参加していただいた方(宇都宮の設計事務所の方)のブログに当日の様子が掲載されていましたので、ここでそのリンクを貼らせていただきます。

ラファエル設計の神長様、有難うございます。この場を借りて御礼申し上げます。

ラファエル設計事務所のブログ http://raphael-pd.com/posts/post2017_6m.html

オーナー様の声

家を建てるまで準備期間は2年。読んだ本は参考書を含めて500冊。研究を重ねた結果たどり着いたのはQ1.0住宅でした。おかげさまで世界で一番快適な家ができました。

 

「世界基準の暖かい家に」とのオーナー様のご要望にお応えするべく私たちも大変勉強させていただきました。「冬の暖かさだけでなく夏も涼しく快適に過ごせています。」という声もいただいています。

(木幡)

建築地 つくば市 竣工年月日 平成24年3月

吹き抜け

ローボードの一部を利用して床下エアコンを設置

吹き抜けの空間を広く見せるため、あえて南に階段を配置しました。

小屋裏を利用して8畳のロフトがあります。24時間換気システムの設置場所にもなっています。

2階の子供室は間仕切なしのワンフロアーです。

多目的に利用できるちょっと広めのテラス。

 

 

「高断熱・高気密住宅の基本がわかる!」本プレゼント「高断熱・高気密住宅の基本がわかる本」をご希望の方にプレゼントいたします。

この本は、新住協関東支部の有志で出版しています。「燃費半分で暮らす家」は鎌田先生の監修です。これらの本を読んで頂くことで、「高断熱・高気密住宅」へのご理解が進むと思います。

 

 

 

北関東の高断熱の本 第1号 北関東の高断熱の本 第2号 北関東の高断熱の本 第3号
新住協関東支部の会員有志がメインになって発刊しています。1号では、高断熱住宅の冬が主なテーマです。 2号では夏をテーマにします。いずれの号でも失敗例もお知らせしようと、出版会議で話しています。 3号では、既存住宅から高断熱住宅へのリフォームがテーマです。
     
北関東の高断熱の本 第4号 北関東の高断熱の本 第5号 燃費半分で暮らす家
4号では、高断熱住宅を建てられた施主様の生の声が掲載されています。 5号では、特集Q1.0住宅をつくろうがテーマです。 鎌田先生監修です。「北関東の高断熱住宅」の各号とあわせて読んで頂くと、高断熱住宅・高気密住宅=Q1.0住宅の理解と必要性が分かると思います。

本プレゼントのお申し込みはこちらからどうぞ

なお、「送信」ボタンをクリックすると、ただちにメッセージが送信されますので、よく内容をご確認の上操作してください。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

郵便番号(必須)

ご住所(必須)

題名

ご希望の本にチェックを入れて下さい。

北関東の高断熱住宅第1号
北関東の高断熱住宅第2号
北関東の高断熱住宅第3号
北関東の高断熱住宅第4号
北関東の高断熱住宅第5号
北関東の高断熱住宅第1号から第5号全て
燃費半分で暮らす家

メッセージ本文

「パッシブデザイン」で、

もっと、気持ちいい

ゼロエネルギー住宅をめざす

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

日々の暮らしで使うエネルギーを、太陽光発電などが創るエネルギーで補って、プラスマイナスゼロにするのがZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。

木幡工務店が考えるZEHは、家の断熱を高めてエネルギーロスを防ぎ、家族が健康で暑い夏を涼しく、寒い冬は温かく快適に暮らせるゼロエネルギーハウスです。

また快適な気候の時は計画的な窓の配置や縦辷り窓を使って通りすぎる風をつかまえるなどきもちいい風の道をつくる(パッシブデザイン)の家ずくりをめざします。

政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅を最終目標に低炭素住宅化を進めていきます。ZEH支援事業では、外皮強化タイプのゼロエネルギー住宅に125万円/戸を補助(新築・リフォームともに対象)。

2030にはゼロ・エネルギー・ハウスが新築の標準となります。