木の香の家

超高断熱住宅

健康家族の集う家

木幡工務店

ローン計算
ローン計算のシュミレーションが出来ます。(ただし、こちらのシュミレーションはFlashPlayer等のFlash再生ソフトが必要です。よって、スマートフォンやタブレットでは動作しないことがありますのでご了承下さい。)

携帯版はこちら

当ホームページは、携帯電話やスマートフォンでもご覧いただけます。下のQRコードを読み取って頂くか、http://kowatakoumuten.comへ 直接アクセスして下さい。
(PC用とアドレスは同じですが携帯電話やスマートフォンでアクセスすると最適な表示に変更されます)。

有限会社木幡工務店 〒315-0056 茨城県かすみがうら市上稲吉2014-6 TEL:0299-59-5572/FAX:0299-59-6637 ホームページ:http://kowatakoumuten.com

猛暑日

冬暖かい住宅なら夏も暖かくなって困るんじゃないの?と思うかも知れません。実際は、高断熱だからすごく涼しく暮らすことができるのですが、暑くて暑くてという家ができていることも事実です。そういうことも解決する、立地条件等を考慮した設計を含めたプラン作りが大切になります。

前回は今までの住まいの冬の暮らしのチェックをしていただきましたが、今回は夏の暮らしはどうだったかチェックして頂ければと思います。

猛暑日が続いた今年の夏でしたが、あと2か月もするとそろそろ暖房が恋しくなる季節になります。寒い季節に入る前に、今までの冬の暮らしを振り返ってみてはいかがでしょうか。チェック表で今の住まいの診断をしてみましょう。

 

 

最近の夜の暑さは酷暑どころか、サウナの中で寝るようなもので、エアコンなしではとても眠れません。かといって、エアコンつけっぱなしでは冷えすぎて体調を崩してしまいます。

エアコンメーカーによると、就寝1時間前に24度~25度であらかじめ部屋全体を冷やしておき、寝るときに28度に設定しなおして朝までつけたままという使い方が良いということでした。私の家は20数年前に建てた家なので、当時としては高断熱住宅でしたが、残念ながら今のQ1,0住宅ではありませんので、この方法を試してみましたが、これまでとは違ってぐっすり眠れました。皆さんもどうぞお試しください。

 連日猛暑日が続いておりますが…

 夏は始まったばかりなのに、家の中で熱中症になって救急車で病院に搬送された、最近では珍しくないニュースですね。冬の寒さもさることながら、年々厳しくなるこの夏の暑さ、せめて家にいるときだけでもなんとかならないかと思うのは贅沢でしょうか。

 IMG_1070_2木幡工務店では夏の暑さ対策にこだわった工法を提案しております(実物大の模型写真)。外は36℃の猛暑でも室内は28℃の快適空間、しかも6畳用~8畳用エアコン2台だけで実現できます。夏は天井(2階建ての場合は2階の天井)に近い高いところのエアコンで、冬は床近くのエアコンで、家全体を冷やしたり暖めたりと、今までとは全く違う省エネ設計になっております。

 実物大模型は弊社事務所でいつでもご覧いただけます。お気軽にお立ち寄りください。